Nailn-ネイルン- » ネイルスクールってどうやって選べばいいの? » お客様と連絡先交換ってしていいの?

公開日: |更新日:

  

お客様と連絡先交換ってしていいの?

ここでは、ネイリストがお客さんと仲良くなることのメリット・デメリット、お客さんと個人的に連絡先交換をする方法などをご紹介します。

仲良くなるメリット

お客さんと仲良くなることで、ネイリストには様々なメリットがもたらされます。代表的なメリットを3つほど見てみましょう。

継続的に指名をもらえる可能性がある

お客さんと仲良くなることで、継続的に指名をもらえるようになる可能性があります。一般に、指名客への仕事にはインセンティブが付くため、指名客を多く持てば、インセンティブが上乗せされた高い給与を安定的にもらうことができます。

独立開業後の固定客になる可能性がある

もし将来的にサロンから独立して自分の店舗を持ちたいと考えているならば、サロン勤務中に、少しでも多くお客さんと仲良くなっておくことが大切。独立開業と同時に、今度は自分の店舗のお客さんとして定着してくれる可能性があるからです。

ネイル以外の色々な世界を知ることができる

来店するお客さんには、自分とは違う様々な世界があります。お客さんと仲良くなれば、ネイル以外の色々な世界を知ることができるので、視野や人生の幅が広がることでしょう。

仲良くなるデメリット

お客さんと仲良くなることで色々なメリットを得られる一方、デメリットが生じてしまうこともあるので注意しなければなりません。主なデメリットを3つほど見てみましょう。

就業規則に違反する恐れがある

どんなに深くお客さんと仲良くなったとしても、そのお客さんは「自分のお客さん」ではなく「サロンのお客さん」です。お客さんと個人的に仲良くなることが就業規則違反となり、無用なトラブルへと発展する恐れもあるので要注意です。

お客さんから無理な要求をされる恐れがある

仲良くなったお客さんから、「値引きしてほしい」「開店前・閉店後に施術してほしい」など、無理な要求をされる恐れがあります。無理な要求を断ると、個人的な関係悪化から、サロンにも来てもらえなくなるかもしれません。

プライベートで怖い思いをする恐れがある

ネイリストに対する過剰な信頼や尊敬の気持ちが屈折し、お客さんからストーキング行為をされたという例があるようです。まれなケースかもしれませんが、ない話ではありません。

連絡先を聞く方法

お客さんと仲良くなるかどうかは、サロンの就業規則やあなた自身の考え方次第になりますが、もし仲良くなりたいと思った場合、どのような方法が入口になるのでしょう?主な方法を3つほどご紹介します。

直接連絡先を交換する

サロンの就業規則に違反しておらず、むしろサロン側もお客さんと仲良くなることを推奨しているようならば、堂々と連絡先を交換しても良いでしょう。

インスタをフォローしてもらう

もしインスタの個人アカウントを持っているならば、お客さんに「新しいネイルデザインを定期的に更新しているので、良かったらフォローしてくださいね」と伝えておきましょう。フォローしてもらった後、ダイレクトメッセージ機能を通じて仲良くなることができます。

フェイスブックで友達申請をする

お客さんがフェイスブックをやっているようならば、名前検索をしてお客さんを特定し、友達申請をしましょう。承認してもらった後、インスタ同様にダイレクトメッセージを通じて仲良くなっていきます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

この記事も読まれています。

【大阪】アフロートネイルスクール梅田校・あべの天王寺校

【大宮】ローズネイルスクール

【名古屋】ヒューマンアカデミー 名古屋駅前校

【大宮】ヒューマンアカデミー大宮校

ネイルスクールについて
知りたいこと