Nailn-ネイルン- » ネイルスクールってどうやって選べばいいの? » ネイルサロン就職事情
  

ネイルサロン就職事情

ネイリストの就職・給与事情

結論から言うと、ネイリストの就職状況はとても良好です。その理由は単純で、昔に比べてネイルの施術が一般的になってきたからです。

女性においては、美容院に行ったり化粧品を選んだりすることと同じレベルで、ネイルが一般的になりつつあります。最近では、男性における身だしなみの一環としても、ネイルケアやハンドケアが行われるようになってきました。

これら需要の増大に対し、ネイリストの数が追いついていないのが現状。資格取りたての新人でも、よほど贅沢を言わない限り、就職に困ることはありません。

ネイリストの給与

正社員ネイリストの平均年収は、およそ340万円。この給与を安いと高いと感じるかは、人それぞれでしょう(日本人全体の平均年収は男女合わせて450万円ほど)。

ちなみに、同じ程度の平均年収の仕事に保育士がありますが(年収300万円ほど)、保育士の資格を取得するまでの過程や、そのハードな仕事内容と比べると、ネイリストを「おいしい仕事」「割の良い仕事」と感じる人もいるかもしれません。

ネイリストの求人例

ある求人媒体に掲載されていたネイリストの求人例をご紹介します。ご覧いただければ分かりますが、なかなかの好待遇です。

給与 月給26万~50万円 【給与例】ネイリスト経験5年以上で正社員の場合 ・26万円~+各種手当最大3万円+歩合+交通費
勤務時間 9:30~21:00(平日)/9:30~20:00(土日祝日) ※上記のうち8時間(早番・遅番のシフト制)
仕事内容 ネイル施術を中心としたサロンワーク全般
休日 月8日/有給休暇あり/年末年始休暇/慶弔休暇/産休・育児休暇 ※連休・土日休み可
福利厚生 社会保険完備/交通費全額支給(ガソリン代含む)/昇給制度/指名料全額バック/資格取得支援精度/独立開業支援精度/研修制度/従業員同士の食事費用補助/時短制度/制服貸与/従業員寮/社員割引、ほか
各種手当 役職手当(最大8万円)/店舗手当(最大4万円)/皆勤手当/技術手当/残業手当/地域手当/遅番手当/階級手当/物販手当/口コミ手当、ほか

就職・転職の面接で重視されるポイント

ネイリストが接客業である以上、身だしなみや話し方などが重視されることは当然。服装や自爪もセンス良くまとめていきましょう。

その上で押さえておきたいポイントが、コミュニケーション能力。面接官の話をさえぎらず最後まで聞く姿勢、間合い・返答の内容などの適切さ、明るい雰囲気、親しみを感じられる人柄など。他の業界と同様に、人間性全般が重視されていると考えてください。

なお、面接で実技を課される例が多いので、スクールの先生と相談するなどし、面接までにしっかりと対策を磨いておきましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

この記事も読まれています。

【川口】Beaurish

【六本木】THE GARDEN's NAIL SCHOOL

【通信】たのまな|ネイルの通信講座

ネイリストとして知っておきたいネイルの種類

ネイルスクールについて
知りたいこと