Nailn-ネイルン- » ネイルテクニック » ジェルネイルが変色する原因

公開日: |更新日:

ジェルネイルが変色する原因

ジェルネイルの変色を招く要素

タバコ

喫煙者の方は、タバコを吸うときに人差し指と中指の間に挟むことが多く、そのため2本の指だけ、煙に含まれるヤニでジェルネイルが変色することがあります。

洗剤

シャンプーやボディソープなどは問題ありませんが、漂白剤など強い成分が配合されている洗剤を使って掃除や洗い物をすると、ネイル変色の原因になります。特に、ジェルネイルは爪が濡れているときに変色を起こしやすくなるので、余計に。漂白剤などを使って掃除や洗い物をする場合は、ゴム手袋やビニール出袋で爪を保護しましょう。

温泉や入浴剤

成分にもよりますが、温泉でジェルネイルが変色を起こすこともあります。温泉に長時間入るときは、なるべくお湯にネイルが浸からないよう、手だけ出すなどの配慮が必要です。
また、同じ理由で、自宅で入浴剤を使用する際も、長時間お湯に手をつけないよう工夫が必要です。

日光(紫外線)

爪にほどこしジェルネイルは、紫外線や可視光線を含む日光で変化を起こしやすい性質を持っています。
と言っても日常的な行動、例えば通勤通学や買い物など、そこまで気を配ることはありません。
職業柄、野外で活動することが多い人、長時間運転をする人などは肌の日焼け対策だけでなく、爪のUV対策も必要です。
気になる場合は手袋をしたり、紫外線による黄ばみを防ぐUVトップコートを爪に塗ると良いでしょう。

ジェルネイルの変色を防ぐ方法

①黄ばみの原因を特定して改善する

ジェルネイルの黄ばみがなぜ起こるのか、まずは特定することが大切です。タバコのヤニであれば、禁煙したり銘柄を変えたり。洗剤が原因の場合は、もっと成分の弱い製品に変えてみるという方法もあります。

②濃いカラーのネイルを選ぶ

ジェルネイルの中でも、清楚さを感じる白色、愛らしい薄いピンクなど、人気カラーであっても淡い色合いのものは黄ばみやすいと言われています。ネイル仕立ては綺麗でも、日にちが経つとくすんでくるということも。
こうしたジェルネイルの黄ばみは、濃い色のネイルを施すことで目立たなくすることができます。

③トップコートを塗る

ジェルネイルは、その上からトップコートを塗布して黄ばみを防ぐことができます。トップコートにもUV対策がほどこされたものや速乾性のもの、艶がアップするものや、爪そのものを保護するものなどさまざま。自分の爪にほどこしたジェルネイルと、ライフスタイルに合ったトップコートを選んでみてください。

正しい技術はネイルスクールで学べる

ジェルネイルの黄ばみは、人によって差があります。こうしたケースや、その改善法や予防法は、ネイルを実践していく上で少しずつ身に着くことでしょう。
しかし、効率的に、正しい知識を習得したい場合には、ネイルスクールの講師から直接指導を受けることがとても有益です。
独学だとどうしてもコツがわからなかったり、間違えて覚えたままになってしまいがちなので気をつけたいところです。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
ネイルスクールについて
知りたいこと