Nailn-ネイルン- » ネイリストになるには » ネイルスクールと専門学校の違い
  

ネイルスクールと専門学校の違い

sanaさん

sanaさん

ネイリスト歴13年。現在はフリーのネイリストとして活躍中のママさんネイリスト。天職と語るほどネイルや美容の仕事が大好き。

ネイリストになるには何が必要?ネイリストになる方法を詳しく見る

「なんとなく好き」で目指しはじめたネイリストへの道

ネイリストを目指したきっかけを教えて下さい。

高校を卒業して進路どうするかとなったときに、はじめは美容師を目指していたんです。でも、美容専門学校の体験入学に行ったときに、不器用なのでパーマをかける時に使うロッドを巻くのがうまくできなくて…。それで美容師は諦めて、他の美容系のメイクやネイルのお仕事がしたいなとぼんやり考えていました。

でも、当時私、肌荒れがひどかったんです。メイクの先生には「外資系のコスメを使うことが多いから、それで嫌になっちゃうかもよ」って言われて……。ネイルを体験でやらせてもらったときは、上手くやってもらえたことがすごく楽しかったので、ネイルの道に進もうと決めました。

ネイルスクールを選ぶ基準は何だったのでしょうか。

安さですね(笑)。そもそもは、たまたまネイルスクールを卒業した知り合いがいて、一度体験に行かせてもらったんです。その方に、「ネイリストになりたいんだったら専門学校よりスクールに通った方が早いよ」とアドバイスをもらって。あとは、その知人のスクールが、メイクやアートメイク、まつげパーマが学べるうえに、授業料が安いスクールだったんです。

はじめは親に授業料を出してもらう予定だったので「専門学校よりは安い」という理由で(笑)。そしたら、ネイルの他にもアートメイクとまつげパーマも学べるというのもあって、「合算しても安い!トータルで腕を磨こう!」と思って選びました。まだジェルがない時代で、最初はスカルプとケアだけだったんですが、長い爪に憧れていたので「とりあえずスカルプができればいいかな」と思って入りました。

ネイルスクールに入って良かったことは?

先生がとにかく綺麗で、オーラがすごい方だったんです。「ああいう人になりたい!」と憧れる人だったので、マンツーマンでじっくりいろいろ教えていただけたことでしょうか。「こうやってやると上手くいくよ」と丁寧に教えていただけました。あとは、自立してサロンを出したい人向けのスクールだったので、そういうスキルを教えてくれるところも良かったです。

「"天職だね"ってよく言われます(笑)」

ネイリストになったsanaさんに、周りの反応はいかがでしたか?

「天職だね」って回りから言われることが多いです。例えば、お客様に「こういうキレイめな感じで」と言われて、そのお客様が思い描くイメージが合ったりすると、嬉しいですね。少し離れると、やっぱりまたやりたいなと思うんですよね。(笑)

施術中のsanaさん
▲施術中のsanaさん

これからネイリストを目指す方にアドバイスをお願いします。

楽しく練習できる環境」を整えることが大事だと思います。自分でネイルをすることが好きだったり、トレンドを追うのが好きだったりする方にとっては、ネイルスクールはとても楽しいと思いますよ。練習相手をするお友達も周りにたくさんいるといいですね。1回してあげると、やってもらった相手はすごく喜んでくれるので、それが嬉しいですよね。顔色が変わって嬉しそうに帰っていく姿を見られるのはやりがいを感じます。

ネイルスクールと専門学校の違いについて

ネイルを学ぶ場所として、まず多くの人が思い浮かべるのが「ネイルスクール」と「美容専門学校」の2つではないでしょうか。この2つの大きな違いは、ネイルスクールはネイルに関する知識や技術を専門的に学ぶ場所、美容専門学校は、美容全般を学ぶ中でネイルについても学ぶ、という点。どちらも資格を取得することは可能ですが、卒業までの期間や費用も異なってきます。そのため、自分にはどちらが合っているのかをしっかりと見極める必要があります。

ネイルスクールで学べること

ネイルスクールは、その名の通り「ネイルに直接関連のある内容」について学びます。さらに、目的に応じたコースを用意している場合が多く、例えば「ネイル検定1級コース」や「1Dayセルフネイルレッスン」など、趣味としてネイルを楽しみたい人から、プロネイリストを目指す人など、幅広く対応しています。大手のネイルスクールと個人のネイルスクールがあり、授業形態もマンツーマンとグループでの講義とさまざま。とにかくネイリストを目指したい、という場合はネイルスクールがおすすめです。

入学資格

入学資格は18歳以上(高校生は不可)、としているスクールが多い。
中には一部「満20歳以上」を入学資格としているスクールも。

費用

費用は50万円〜100万円と幅がある。中には100万円以上かかってくる場合も。
自分が目指す資格によって選ぶコースが異なる

期間

特に決まりはないが、3ヶ月程度から2年程度通学するのが一般的

取得可能な資格

JNECネイリスト技能検定 3級・2級・1級
JNAジェルネイル技能検定 初級・中級・上級
ネイルサロン衛生管理士
INAネイルスペシャリスト技能検定試験
JNA認定講師資格試験 など

メリット

資格取得に強い
わからない部分、苦手な部分は講師にすぐ確認可能
大手のスクールは就職に有利
人脈を広げられる

デメリット

費用がかかる
スクールが多く、どこが自分に適しているのかがわかりにくい

美容専門学校で学べること

高等教育機関として、専門課程を持っている学校を「専門学校」と呼んでいます。そのため美容専門学校の場合は、高校卒業後などに美容に関する仕事に携わることを目指して入学するのが一般的です。この場合、ネイルだけを学ぶわけではなく、美容に関すること全般について学ぶ中で、ネイリストコースなどを専攻して技術を身につけていく形になります。そのため、ネイルだけではなくメイクなどについても幅広く学べるカリキュラムが用意されています。

入学資格

高等学校を卒業した人。
最終学歴が中学校卒業の場合でも、18歳以上かつ入学試験に合格することで入学できる場合も

費用

一般的に200万円〜300万円必要な場合が多い。通う学校によって異なる

期間

2年間の通学が一般的だが、3年制(2年制+プロ専科など)のコースを用意している学校もある。
夜間制などもあるが基本的には全日制の場合が多い

取得可能な資格

JNECネイリスト技能検定 3級・2級・1級
JNAジェルネイル技能検定 初級・中級・上級
JNAネイルサロン衛生管理士
JNAフットケア理論検定試験 など

メリット

美容について幅広く学べるため選択肢が増える
就職に関してもサポートが充実している

デメリット

ネイルスクールよりも費用がかかる場合がほとんど
ネイルのみを学びたい人には不向き

職業訓練校で学べること

職業訓練校とは、求職している人が就職するための訓練を行う施設のことです。さまざまな講座が用意されており、無料で学ぶことができるのが大きなメリットです。中には給付金が支給される場合もあるため、「お金をもらいながら学ぶ」ということも可能です。職業訓練校のネイルスクールは、サロンへの就職を最優先の目的として講義が進むため、より高度な技術を身につけたい場合は別途スクールなどに通う必要があるでしょう。職業訓練校の申し込みはハローワークで行います。

入学資格

求職中の人で、受講開始日から遡って1年以内に公共職業訓練を受講していないこと。
申し込みはハローワーク経由で実施

費用

無料で受講可能(場合によっては給付金の支給対象となることも)

期間

3ヶ月程度の短期講座の場合が多い

取得可能な資格

JNECネイリスト技能検定 3級程度(2級まで取得できる場合も)
JNAジェルネイル技能検定 初級程度

メリット

お金をかけずに学ぶことができる
受講しながらハローワークで就職相談が可能
すぐに就職を目指したい人向け

デメリット

サロン就職に最低限必要な技術のみの講義となるため、高度な技術を身につけたい場合はスクールに通う必要あり
希望の講座がタイミングよく開講されているとは限らない

通信教育で学べること

ネイリストを養成するための通信講座も多数用意されています。その中から自分の目的(資格取得など)に合わせたコースを選択し、送られてくる教材で勉強する、という形になります。一般的にはテキスト、DVD、ネイルの道具などがセットになって送られてきますが、最近はe-ラーニングを取り入れている通信講座も多くあるため、パソコンやスマホを使って学ぶというスタイルが徐々に定着しつつあるようです。出された課題に取り組み、後日講師から添削を受けるという流れで講座が進んでいくことになります。

入学資格

なし。誰でも受講することができる

費用

10万円を切るコースもあるが、JNECネイリスト検定1級+JNAジェルネイル検定上級までの取得を目指す場合は50万円程度必要な場合も

期間

標準6ヶ月〜。受講するコースや学習のペースにより異なる。また、「サポート期間」が設けられているため、この期間内の受講完了を目指すことになる

取得可能な資格

JNECネイリスト技能検定 3級・2級・1級
JNAジェルネイル技能検定 初級・中級・上級 など

メリット

自分のペースで学ぶことができる
スクールや専門学校などと比較すると費用が安い

デメリット

資格取得に時間がかかる場合がある
自分の癖や苦手な部分に気づきにくい
モチベーションを保つのが難しいことがある
スケジュール管理を自分でしっかり行う必要がある

まとめ

ネイルスクール、美容専門学校、職業訓練校、通信教育それぞれの特徴や違いを説明してきました。ネイリストになるためこれから技術や知識を学びはじめる、という人にはネイルスクールがおすすめ。現場で活躍しているプロのネイリストから専門知識と現場で活かせる技術を直接学べて、さらに美容専門学校よりも費用がかからないため。

また、疑問や苦手な分野を相談しやすいネイルスクールの場合、資格取得にも強いといえるでしょう。ぜひ、自分に合ったネイルスクールを探してみてください。

自分らしく学べるのは
どこ?
おすすめネイル
スクールはこちら♪

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

この記事も読まれています。

【愛知】NAILS GARDEN

【神奈川】ネイルバイビューティースクール

【東京】ネイルスタジオキャメロット

【大阪】フェリスネイルスクール 心斎橋校

ネイルスクールについて
知りたいこと