Nailn-ネイルン- » ネイリストになるには » 男性がネイリストになるには
  

男性がネイリストになるには

男性ネイリストが増えている!?

ジェンダーへの意識が高まっている昨今、以前は「女性のもの」というイメージの強かった美容に対して興味を持つ男性が増えてきています。
その中でも今回取り上げたいのがネイリストですが、指先を気にする男性が増えている影響もありネイルに対する男性需要は増加傾向にあるようです。
それでもやはり「女性のもの」というイメージが強いため、ネイリストも男性の方が利用しやすいということもあり、メンズネイリストの需要も高まっています。

男性のネイリストの強み・弱み

男性のネイリストは、女性ネイリストと比べると以下のような強み・弱みがあります。

<強み>

  • メンズネイルをする際、男性客はネイリストも男性の方が利用しやすい
  • レディースネイルをする際、男性目線でよいと感じるネイルデザインができる
  • 独創的でスタイリッシュな、男性の感覚ならではのネイルデザインができる
  • ネイリストは意外と体力が必要な仕事なので、身体的特徴から男性の方が安定して長く働くことができ、多くの顧客を捌ける
  • 頼りがいのある接客や施術により、安心感から信頼関係を構築しやすい

<弱み>

  • 男性ネイリストの知名度や認知度が低いため、偏見のある方からは敬遠されてしまう
  • 女性の顧客であれば異性に手を触られることに抵抗がある方もいるため、気を遣う場面が多くなってしまう
  • 身体的特徴から、力加減や手汗などに気を遣うことが必要だったり、指が女性に比べて太いなど細かな作業は女性の方が器用にこなす場合がある
  • 求人募集が出ている件数も少ないため、採用してくれるサロンを探すのが大変
  • 技術を高めるためにハンドモデルを探しても、男性ネイリストは知名度が低いためナンパなどと混同されてしまうこともある

ネイリストのなり方

単純にネイリストになるだけであれば、サロンに採用してもらうなり自分でサロンを開くことでなることは可能です。
しかしどの業界でもそうですが、しっかりと技術を身に着け顧客と真摯に向き合って施術を行っていくためには勉強したり指導を受ける必要があります。
もちろん独学やサロンに入って実際に教えてもらいながらOJTのような形で成長していくことも不可能ではありませんが、より確実に技術を身に着けるためにはしっかりと勉強・練習ができる環境に身をおくのがよいのではないでしょうか。
そんな方にはネイルスクールを利用することをおすすめします。
教えるプロである講師による直接的な指導を受けながら日々勉強や練習ができるため、独学や通信環境で学ぶよりも知識や技術が身に付きやすいでしょう。

おすすめネイルスクール3選を見る

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

この記事も読まれています。

【神奈川】湘南ネイルスクールエリーゼ

【通信】ユーキャン

【国分寺】国際文化理容美容専門学校 国分寺校

【表参道】黒崎えり子ネイルビューティ―カレッジ 表参道校

ネイルスクールについて
知りたいこと