Nailn-ネイルン- » ネイルスクールってどうやって選べばいいの? » フリーランスネイリスト

公開日: |更新日:

  

フリーランスネイリスト

フリーランスネイリストとは?どんな働き方があるの?

フリーランスネイリストとは、会社に所属せずに個人事業主として働くネイリストのこと。主に次のような働き方があります。

  • 独立して自分のサロンを開業する
  • お客さんの自宅などに出張する形で仕事をする
  • 美容院などの一角を間借りして仕事をする
  • 特定のサロンから業務委託を受けて仕事をする
  • イベントなどに出店する

どのような働き方であれ、特定の会社やサロンに所属せず、自分の意志や自分のやり方で働くネイリストのことを、フリーランスネイリストと言います。

フリーランスになるにはどうすればいいの?

フリーランスネイリストになるためには、最低でも次のことを満たしておくようにしたいものです。

十分な実力を付けておく

どのサロンにも所属しないフリーランスネイリストにとって、自分の実力こそがブランド力であり信頼の証です。フリーランスとして働くに値する十分な実力を身に付けておくことは、何よりの前提になります。

可能な限り上位の資格を取得しておく

お客さんに信頼してもらうためには、資格名などの肩書も大事。JNEC1級、JNA上級の他、ネイルサロン衛生管理士やJNA認定講師などの資格も取得しておけば、とても理想的ですね。

経営に必要な知識を学んでおく

集客、運営、事務処理、コスト計算など、経営に必要な様々な知識を身に付けておく必要があります。

開業資金を用意する

どのようなタイプのフリーランスネイリストになるのであれ、最低限の開業資金は必要となります。小規模な店舗を構えるのであれば、100~200万円の資金を用意しておいたほうが良いでしょう。

税務署に開業届を提出する

独立開業をするにあたり、税務署に開業届を提出します。所得税や事業税、消費税などの納税の基礎となる届け出なので、開業が決まったら速やかに提出するようにしましょう。提出した年度から確定申告をする流れとなります。

フリーランスネイリストのメリットデメリット

フリーランスネイリストとして働くメリット・デメリットを、2つずつ見てみましょう。

メリット

働き方の自由度が高い

営業時間や場所、店内のレイアウト、集客方法、接客方法など、基本的には全てを自分で自由に決めることができます。これこそ、フリーランスとして働く最大のメリットと言えるでしょう。

就職するよりも高収入を得られる可能性がある

勤務ネイリストの場合、どんなに人気が出ても収入には限界があります。一方でフリーランスネイリストの場合、人気と収入が比例するので収入は青天井。うまく行けば、就職するよりも高収入を得られる可能性があります。

デメリット

集客に苦労することがある

独立後、以前働いていたサロンでのお客さんが着いてきてくれるかもしれませんが、それだけでは経営が成り立たないでしょう。経営が安定するまで、集客には苦労するかもしれません。

収入が不安定になる

決まった給与が支払われる勤務ネイリストとは異なり、収入は「稼いだ分」だけになります。収入が多い月もあれば少ない月もある、と理解しておきましょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

この記事も読まれています。

ネイリストが副業するなら

ネイリストに定年はあるの

【上野】ネイルサロン&スクール for u

ネイルサロンを開業するときの具体的な手順

ネイルスクールについて
知りたいこと